特集記事 瀬戸内海アートの島「豊島」に行ってきた。

瀬戸内海アートの島「豊島」に行ってきた。

7月19日、以前から行きたかった豊島に行ってきました。
名古屋から岡山県宇野港まで車で約5時間。
朝早く起きれたら行こうという軽い気持ちでいましたが、 4時に目が覚めたので思い切って向かいました。
予定を立てなくても気ままに行けるのがひとり旅の魅力。

豊島へ渡る船の時間まで宇野港を散策しました。
宇野港も瀬戸内アートプロジェクトの一環で街中にアートが点在しています。
PARADISE 荒木経惟


宇野のチヌ 淀川テクニック


乗船時間になり、豊島に向かうフェリーに乗船。
おひとり様もちらほら見かけます。
瀬戸内海の潮風が、島への期待を高めてくれます。


豊島についてまずは自転車の確保。
バスもありますが、一周回っても2時間くらいの島なので、 時間を気にしないで周れる自転車がおすすめです。


豊島横尾館


あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする(カフェ)トビアス・レーベルガー


トムナフーリ森万里子


空の粒子/唐櫃 青木野枝


ストーム・ハウス ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー


そして、このためにきたと言っても過言ではない、 内藤礼と西沢立衛による豊島美術館!
本当に素晴らしいです。
1時間ほどぼーっと過ごし、他の作品を見てまた来ようと思いランチを頂きました。


心臓音のアーカイブ クリスチャン・ボルタンスキー


その後また豊島美術館に戻り、2時間程のんびりしました。

日帰りの予定だったのですが、1日遊んで疲れたこともあり、
宿を検索、倉敷にお手頃なホテルがあったので、予約。
当日遅くても予約できるネット予約サイトは、気ままな旅の心強い味方です。


翌日は直島へ。
以前にも行ったことがあったのですが、見逃したのと増えた作品があったので、行ってきました。
夜に名古屋で予定が入っていたため、13時には出発しなければなりません。
駆け足で増えた作品を周り、帰路につきました。




  • 飲食店様のお問い合わせ
  • ライター募集
    お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

↑ページ上部へ戻る