特集記事 一徹(資生館小学校)

一徹(資生館小学校)

一徹(資生館小学校)
 




富公という幻の名店と呼ばれたお店の常連客だった別所徹一さんが富公の味を復活させたいと作り上げた渾身の1杯です。

表面の油の膜に動物系のうまみが凝縮された絶品の味噌です。
そのなかに具材としてシャキシャキ感のあるもやしとねぎ、しっかりと煮込まれた噛み応えのあるチャーシューがあります。
非常に具だくさんです。麺は中細の縮れ麺です。

こんなクオリティの高いラーメンがなんと630円という安価で食べることができるのです。それなので、コストパフォーマンスは圧倒的に高いです。

また、量についても申し分ないです。お店は古き良き雰囲気があり、イイ感じです。

店主の方も優しい方なので味はもちろんですがほかにも楽しめると思います。

HP




この記事を読んだ方へのおすすめ記事

  • 飲食店様のお問い合わせ
  • ライター募集
    お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

↑ページ上部へ戻る