特集記事 タコベル 渋谷店 渋谷駅

タコベル 渋谷店 渋谷駅

タコベル 渋谷店 渋谷駅
 




アメリカではマクドナルドと肩を並べるほどメジャーで店舗の多いファストフード店です。

日本では2015年に再上陸し、今は渋谷店と汐留日テレ店の2店舗しかありません。メキシコ料理のブリトーとタコスなので、日本人にもなじみのある料理ですので、特に苦手と言う方以外なら食べやすいと思います。

店舗は渋谷の道玄坂より一本中に入る小路にあるので、ガチャガチャしている感じもなく、ちょっとだけ落ち着ける一歩大人なファストフード店と言った印象です。

入口を入ると正面がレジです。そこでメニューを注文しますが、店員さんが誘導して聞いてくれるので一人でも大丈夫です。
メイン料理のタコスやブリトーは肉の種類をチキンやビーフ、ポークから選べ、ソースもマイルド、レギュラーなど選べます。

すべて店員さんが「選べますがいかがしますか?」と誘導してくれるので、初めてでもスムーズに自分好みにアレンジができるのも魅力です。

セットにするとサイドメニューもポテトかチップスで選べ、飲み物もドリンクバーかコーヒーや紅茶を選べます。
注文してから作って渡されるのですが、音が鳴るベルで呼び出されるので、一人ぽつんとレジ横で立っていることもなく、席で自由にしていられます。

席は1階と地下があり、どちらも2人席やカウンター席(横並びの席)も多くあるので、一人で座っていても違和感ありません。

渋谷と言う土地柄、仕事中のOLさんやお買いものついでの女性や男性も多く、年齢層も10代から40代と幅広く他人に干渉されません。
もちろん、店員さんが食事中に見てきたり、話しかけられることもないですので、完全に商品を受け取ったら自分の世界です。

一人でも違和感なく食事に集中できて、空間も自由でリラックスできます。

HP




この記事を読んだ方へのおすすめ記事

  • 飲食店様のお問い合わせ
  • ライター募集
    お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

↑ページ上部へ戻る